ラパス近郊、ユンガスの道をマウンテンバイクで下るデスロードツアー 南米旅 7日目その3

ユンガスの道をマウンテンバイクで下るデスロードツアー

12月18日、デスロードツアーダート道に入り、いよいよ本番です。絶壁に作られた道、その道の上に滝が出来ています。

道路の橋は絶壁、落ちれば死に至ります。コワッ

延々と続く道をマウンテンバイクで下っていきます。本当にデスロードツアーですね。

快調にダートを下っていたらまたトラブルです。チェーンが垂れ下がっています。原因はチェーンホイール横のチェーンを押さえる部品の落下です。予備自転車に交換して再出発、一人だけトラブルが多いのはなぜ?

修理完了後ダウンヒルは続きます。

ダウンヒル緩斜面になったので、変速機をローに落としたら、「ガチャーン」

今度のトラブルはひどいです。リアディレイラーをローに落としたことで、後輪に巻き込んでしまいました。ディレイラーは変形しチェーンはひん曲がり重傷です。

4度のメカトラブルは有りましたが、怪我などは一切なかったので良しとしましょう。

もう予備自転車は無いので、ガイドさんのマウンテンバイクでラストラン、舗装路と合流しました。

舗装路との合流地点でマウンテンバイクを車に、上着やプロテクターを取り外して近くのホテルへと移動します。

シャワーを浴びて食事を頂いて少しく休憩

その後車でラパスに戻ります。約3時間はよく眠れました。少し心配だったので無事に帰れてよかったです。ホント、楽しいツアーでした。

ボリビアデスロードツアー

走行の雰囲気を動画です

横を向けば断崖絶壁、途中見える十字架は過去に亡くなった方の為?

道に落ちる滝に当たりながらのダウンヒルとなります。

YouTubeでも、ウユニ塩湖を後にラパス、デスロードツアーまでをまとめてみました。

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »