墾丁から約10kmの紅柴坑漁港は面白いベンチと海底を見学できる船に乗れる隠れた観光スポットでした。

変わったベンチが有るのは紅柴坑漁港だった

昨年も台湾に来たのですが・・

台湾武嶺3275mをミニベロで越える旅2018 7日目
台湾武嶺3275mをミニベロで越える旅2018 7日目は墾丁のホテルを拠点に台湾最南端西側の猫鼻頭周辺をBikeFridayで走りました。

走行途中に立ち寄った港に有ったベンチ、スゴク絵になり、もう一度行ってみたいと思っていました。

港の横のベンチ

どこで撮った写真かな?と調べていると墾丁から約10kmの距離にある紅柴坑漁港「Hongchaikeng Fishing Harbor」と言う事が解りました

今回は、BikeFridayを入れて写真を撮りました。面白いベンチです

でも、老朽化しているので破片とか落ちてきそうでやや危険です。

紅柴坑漁港のベンチ

別の方向からも・・・・

きのこの様な、お盆を持ったウェイターの様な感じ

紅柴坑漁港

港には漁船が並びます。小さな漁港で観光客は皆無でした。

紅柴坑漁港

ここに停泊している船、半潜水艇で海の中を泳ぐ魚などを見学できる船だそうです。

Hongchaikeng Fishing Harbor 紅柴坑漁港

運航は朝の8時半から夕方5時まで

紅柴坑漁港の海底見学船

価格は380TWD(約1300円)ですが、5人乗ると言うと1人350TWDまけてくれました。しかも、貸し切り状態でスグに出港してくれるそうです。

紅柴坑漁港海底見学は380TWD

船の中はこんな感じ、船底にくり貫いた窓が有り海底を見学できるようになってます。

出港すると皆さん見入っていました。

それ程、魚も多くなかったですが、ウミガメも見れて楽しめました。

只、独特の雰囲気が有るので船酔いしやすい人は避けた方がいいかもしれません。

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »