武嶺3275mから下ることも有り、ブレーキシューを交換しました

TITANデュアルピボットのシューが見つからない

昨日はいつものトレーニングコース、気候も良く新緑がキレイでした。写真は武庫川の河川敷、皆さんよく走っておられます。

新緑の武庫川

最近、気になっていたのがブレーキシュー、かなりすり減っています。武嶺3275mから下るので、早めに交換しないとって思っていました。

すり減ったブレーキシュー

でも、乗っているロードバイクは並行輸入品

ついにロードレーサー購入
 鈴鹿ロードレース用自転車購入 ついにロードレーサーを購入 しまなみ海道サイクリング後、次回はシマノ鈴鹿ロードレースに参加しようと言う話...

付いているブレーキは「TITAN デュアルピボット」と言うタイプ、検索してもブレーキシューが見つかりません。形状としてはシマノ ブレーキシューセットが合いそうですが、写真だけでは解りません。

Titanのブレーキ

そこで、近くのサイクルベースアサヒへ、形状を合わせてピッタリだったのがシマノ R55C4 BR-5800ブレーキシューセットです。

シマノのブレーキシュー

TITANデュアルピボットと同じ、4mmの六角レンチで固定するタイプ

TITANのシュート形状がピッタシ

早速、交換してみました。交換後試走して見ましたが、ブレーキの利きがすごくよくなりました。もう一度、急坂の下りで試しておきたいです。

ブレーキシューを交換しました

固定は6角レンチのビスが1本、丸く簡単に向きの調整できるワッシャーが入っていて簡単に調整できました。昔はもっと調整しにくかった記憶が・・・

六角レンチで簡単に交換できました

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »