PAC2などミサイル群も展示

その他航空宇宙博物館別館の展示

その他展示で驚いたのがPAC2ミサイル、テレビでよく聞く迎撃ミサイル

パトリオットミサイル(英語: MIM-104 Patriot、MIM-104 ペトリオット)は、アメリカ合衆国のレイセオン社がMIM-14 ナイキ・ハーキュリーズの後継としてアメリカ陸軍向けに開発した広域防空用の地対空ミサイルシステムである。ミサイル防衛では終末航程に対応し、20-30kmの範囲を防御する。

参考:Wikipedia

PAC-2ミサイルが展示してありました。

PAC2ミサイル

これがパトリヨットミサイルPAC2だと思います。

pac2ミサイル

Standard Missile3?普通のミサイル?

スタンダードミサイル

普通のミサイルにしてもデカイ

スタンダードミサイル

さらに大きなミサイルも展示してありました。核弾頭搭載可能な短距離弾道ミサイル

MGM-5 コーポラル (Corporal) は、アメリカ合衆国が開発した短距離弾道ミサイルである。コーポラルは、アメリカで初めて制式採用された核弾頭搭載の誘導兵器であり、アメリカ陸軍のほか、イギリス陸軍でも運用された。75海里(139 km)の射程を持ち、核弾頭又は高性能炸薬弾頭を搭載することができた。

参考:Wikipedia

コーポラルミサイルの説明です

Corporalミサイル

さらにデカイミサイル、確かに航空宇宙の分野ですが恐ろしいですね。こんなミサイルが不要な世界になってほしいものです。

corporalミサイル

その他あまりにも沢山の写真を撮影したのでgoogleアルバムにて紹介しておきます。→航空宇宙博物館別館のアルバム

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »