ピレネー山脈5つの峠を越える旅8日目その3

グエル公園Park Gellへ

この記事は9月21日ピレネー山脈を訪れた時のものです

バルセロナポタリングを終え、ホテルで休息したのちグエル公園へ向かいました。今回は部屋に自転車を置いてメトロで移動します。

グエル公園 Parc Güellへ

到着しましたグエル公園Park Gellもアントニオガウディーの設計です。訪れるのは2回目34年ぶりの訪問です。

グエル公園 Parc Güell

何と言ってもタイルの使い方がスゴイです。

夕暮れ間近ですが中へ入ります。と言うかこの時間しか入場チケットが取れませんでした。

Park Gellグエル公園

内部は、スゴク楽しい雰囲気、タイルで仕上げられた壁、花壇・・・

タイルも素晴らしく細かな装飾で貼られています。

でも、よく見るとタイル目地の仕上げが雑だったりします。この辺りがスペイン的なのか?曲面にタイルを貼ってるが故にの限界なのか?

グエル公園入り口に鎮座するカメレオン?写真の順番待ちは中々回ってきません。

グエル公園のグランド部分を支える柱と飾りです。

動物の首は何かのおまじない?その下の水滴の飾りも面白いですね。

グエル公園グランドの下に降りてきました。ここにも細かなタイル装飾です

よく見ると、タイルが剥がれて落下しているので少し危険かもしれません。

グエル公園グランドを取り囲むベンチ、曲線美・タイル装飾独特です。

グランドからの景色、遠くにはサクラダファミリア聖家族教会が見えます。

グランドの半分は立ち入り禁止で補修工事を行っていました。先ほどのタイル落下などの防止工事かも知れません。

グラウンドに浸み込んだ水はどのように逃がすのでしょうね?一番低い部分(レンガが10個ほど固まってる部分)の下には柱が有るので、柱の中に水を逃がすパイプが通っているのかもしれませんね。

もう一度グラウンドの下から見るとこんな感じ

こちらはグエル公園を支える石積みの柱と壁です。

グエル公園Park Gellウロウロとしていたらスッカリ暗くなって来たのでホテルに帰ります。

ホテルにて輪行で、明日はTGV他を乗り継いで到着地、フランスのトゥールーズへ戻ります。

ホテルにて輪行

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »