自転車走行時の簡単取り出しカメラ撮影術その1

自転車旅行時の簡単取り出しカメラ撮影術その1

自転車旅行時の写真撮影、観光地なら自転車をとめて撮影するのですが、走ってる途中に「ここ撮りたい」って思う事もよくありますよね。フロントバックにカメラを入れて置いて、必要な時に取りだせばいいのですが、落としたら壊れるし・・・

で、導入したのがこちら、ミノウラのカメラマウント金具

ハンドルでワンタッチで取り付けできます。

MINOURAカメラマウント

小さいので、列車輪行程度なら外さずにそのまま輪行できます。

MINOURAカメラマウント

でも、これにデジカメを取りつけるとハンドルやフロントバックが邪魔・・

MINOURAカメラマウントはフロントバックが邪魔

そこで、もう一つ探してきたのがMonopodの自撮り棒、21.5cmから最長110cmまで伸びる自撮り棒です。もちろん自撮り棒としても使っています。

MINOURAカメラマウントに自撮り棒

カメラを取り付ける所、振動で緩むのでスポンジを貼りつけています。

MINOURAカメラマウント

お尻の部分がメネジになっているので、ミノウラのカメラマウントに取り付け、その上にカメラを取り付けられます。

写真を撮りたくなったら、伸ばしたり左右に向けて写真を撮っています。

MINOURAカメラマウントプラス自撮り棒

走行中はこんな感じ

転倒するとダメージが大きいので、真似するときは自己責任でお願いします。私は急な下り坂や危険な場所では取り外して走っています。

走行中のデジカメ

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »