自転車旅行での服装

自転車旅行の走行スタイル

自転車旅行での持ち物、最初は夏に走行時に着る衣類です。

レーサージャージとアンダーシャツは洗濯できない日に備えて予備を持って行ってます。アームカバーレッグカバーは熱さを避けるためです。走行時は付けない方が涼しいのですが、日焼けでの熱さを防ぐ為にいつも使っています。

パンツはレーサーパンツだとポケットが無いのでモンベルのツーリングショーツを併用しています。

自転車旅行走行時の服装

自転車旅行での持ち物、次は冬走行での場合です。

冬と言うのは、走行時の気温が15度程度を下回る事が想定される場合に持って行きます。峠越えなどで夏でも低温の可能性が有る場合は夏冬両方持って行きます。

帽子は薄型、耳を隠してくれるので低温時の峠の下りなどには必須です。ジャージ類は夏と同じですが、コンパクト収納できるダウンジャケットと下記の雨具で温度調節しています。

雨具類は下記の4点、雨具上は雨をよける以外に防寒にもつかうので通気性の良いゴアテックス製のものです。

雨具類はコンパクトに収納できるのでフロントバックやサドルバックにいつも収納しています。

自転車旅行で持参している雨具

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »