携帯用空気入れを小型軽量の物に買い換えました

LANDCAST 自転車用空気入れ全長20cm・重量110g

今まで使っていた携帯用空気入れはマイクロフロアポンプ [GM-71] で6.5気圧程度までは入れることが出来、小さいながらも空気圧のメーターも付いていました。

只、全長275mmと持ち運びするには少し大きい・・・・・・

サドルバックには入らず、フロントバックを少しだけ変形させて斜めに入れていました。

今回荷物を計量化する為に探したのがLANDCAST 自転車空気入れ仏式・米式両対応携帯ポンプ です。

LANDCAST 自転車 空気入れ

今までの空気入れより一回り小さくなって全長20cm重さ110gとなります。空気圧を確認するメーターは付いていません。

小型ロードバイク用空気入れ

説明書を読むと、米式バルブから仏式バルブに変更するには内部のパーツを入れ替えるようです。ゴム部品をラジオペンチで引き出しましたが間違い、この部品ではなかったようで元に戻します。

フレンチバルブの切り替え間違い

蓋側のこちらの部品を逆にセットするとフレンチバルブ対応になるようです。

蓋側のパーツを入れ替えてフレンチバルブ対応に

この空気入れ、今回小さくしたサドルバックにすっぽり入り持ち運びが楽になりました。試しに空気を入れて見ましたが、力では無くポンピング回数で空気が入って行くようでした。

サドルバックに収納できる空気入れ

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »