ドイターバックパックを背負わずに走る方法を試します。

奄美大島にBike Fridayを持って行く準備開始

Bike Fridayの入荷が奄美大島の出発に間に合うのか解りませんが、事前準備を開始しました。

まずは、OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 ちび輪バッグを購入しました。

ちび輪パック入手

どのサイズの輪行袋がBike Fridayに最適なのか解りませんでしたが、購入先のイトーサイクルにお勧めが書いてありました。

Q:バイクフライデーにあう お勧めの 輪行袋は?

A:オーストリッチから 出ている チビリンバック が いいと思います。

参考:バイクフライディ―のデータ(イトーサイクル)

続いて荷物を積むためのキャリアです。今までのお気に入りは背負わなくても荷物を運べるRIXEN&KAUL(リクセン&カウル) フリーパックでした。

私のお気に入り背負わない旅行荷物の運び方
私のお気に入り、自転車での荷物の運び方。ロードバイクにキャリアは取りつけられない、背負うのは腰が痛い、そこで、シートポストに取り付けて走行中背負わなくてもよい自転車用ザックの紹介です。

只、背負いやすさや収納しやすさはドイターが使いやすいです。ドイターの欠点は走行時に背負い続けないと行けない事でした。

ドイタートランスアルパイン24 を買いました
お気に入りだった背負わなくても走れるバックパック、新しいロードバイクには取り付け出来ないので自転車乗りに評判のドイターDeuterのバックパックを購入しました。

そこで、今回購入したのがRIXEN&KAULヴァリオラック KF873です。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ヴァリオラック KF873

ヴァリオラック KF873はL型になったアルミの金具で、好きな荷物を載せることが出来るキャリアです。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ヴァリオラック KF873

サドルの下、シートポストに専用のアタッチメントエクステンダー CK810を取り付ければヴァリオラック がワンタッチで取り付け、取り外しが出来ます。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ヴァリオラック KF873

このキャリアにドイタートランスアルパイン24 を載せて自転車で走る計画です。このやり方なら街中など頻繁に乗り降りするところならドイターを背負ったままで走行、山道など全身を使う場合はキャリアに取り付けてと使い分ける事が出来る予定です。

ヴァリオラックにドイターを載せる

キャリア下側はドイターをシッカリホールドして大丈夫なようです。

ヴァリオラックにドイターを載せる

上部を固定するベルトが少し短めで、無理すれば止まる感じ・・・

ヴァリオラックにドイターを載せる

このベルトをもう少し長く出来ればバッチリだと思うので、延長方法を考えてみる事にします。

もう一つ、現在構想中のBike Friday輪行箱は折り畳むと35cm×85cm×15cm(キャスター等を除く)になる予定です。空港からホテルまでは輪行箱を折り畳んでヴァリオラック に載せ、荷物は背負って走ろうかと考えています。

Bike Friday入荷次第ですが、準備進めます。

ヴァリオラックにドイターを載せる

本日公開の動画

本日公開の動画はスイス8日目、ルツェルンからチューリッヒ湖までロードバイクでの走行動画です。朝靄から午後は一転快晴へ、天気の移り変わりが良く解るかなと思います。

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. KenKen より:

    omuさん
    これ私も欲しくて悩みましたが、ドイターに100円均一のメッシュを入れてリクセン化して使ってます。但し荷重が掛かりすぎないよう荷台を使っています。欠点はメッシュが長持ちしない事と、ドイターに穴が開く事ですか。
    ここまで書いて写真をUL出来ないことに気付きました。

    • omu より:

      なるほど、情報ありがとうございました。昨夜、付属のベルトが外せることが判明、100均メッシュ探してみます。弱さは有りますが短期で使うには最適かと思います

Translate »