最終形完成、3辺合計158cm、ミニベロバイクフライディーをスーツケースのように運べる輪行箱の作成その5

プラダンで輪行箱を作る

輪行箱の土台部分が完成したので、次は箱部分の作成に移ります。4mm厚のプラダンを2枚買ってきました。181cm×91cmサイズです。これをカッターナイフでカットします。

最終形完成、3辺合計158cm、ミニベロバイクフライディーをスーツケースのように運べる輪行箱の作成

カットしたらボールペンで傷を付けて、傷に合わせて折り曲げます。

輪行箱土台に合わせてピッタリに作成できました。

もう1枚作ってプラダンの加工完成です。プラダン同士の接続ですが、従来は重ね代を作って穴を開けて結束バンドで固定していました。

でも、そうすると厚み分容積が減ってしまいます。

そこで、今回準備したのが100円均一で売っていたストローです。これを使ってプラダン同士を接続したいと思います。

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »