最終形完成、3辺合計158cm、ミニベロバイクフライディーをスーツケースのように運べる輪行箱の作成その6

プラスティックストローを使ってのプラダン接合

ミニベロバイクフライディーをスーツケースのように運べる輪行箱作りの続きです。今回はプラダンの接合にストローを準備しました。

プラスティックストローを使ってのプラダン接合

ストローをプラダンに差し込んで、もう1枚のプラダンにも差し込んで行きます

プラスティックストローを使ってのプラダン接合

まずまず、予定通りに入ってくれました。もう少し

シッカリと入ったら、両面からガムテープを貼ってプラダンの接合完了です。

続いて反対側も

差し込んでいくと、実は一つズレていたり、ストローが折れ曲がったりで苦労します。その度に抜いてストロー交換しての差し込み直しになります。

なんとか収まりました。こちら側もガムテープを貼ってプラダンの筒が出来上がりました。

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »