武嶺3275m断念、台中まで戻りました

残念、また来ます

ここから1700mアップ、27kmで標高3275mの武嶺ですが、朝起きたら大雨  泣き・・・

宿泊したホテルのオーナーと奥さんに聞くと「ベリーデンジャラス」危険だから止めた方がいいよと

結果、今回は武嶺断念することにしました

オーナーに今日泊まる予定のホテルに電話してキャンセルしてもらいました

武嶺3275m近くの滑雪山莊予約
こんなに早くキャンセル待ちのホテルが取れるとは・・・武嶺から満点の星空やご来光が見れるのか楽しみです。バルコニーから見れる松雪楼も引き続きキャンセル待ちを狙います。

直接、がけ崩れに合う可能性は低いですが、道が封鎖され帰れなくなる可能性は高いと思いました。登るのは行けるので予備日があれば決行できたかもですが・・・

ふもとの埔里(プーリー)に向けてゆっくり下ることにしました

翌朝仁愛のホテルでは雨

豪雨で且つ急勾配なので、左足かかとでのブレーキを併用して下ってきました。

雨だとブレーキが不能になると報告が有ったので、低速下山で手が痛かった

下ってる途中も豪雨

途中、土砂崩れ注意の警告が出ていました。

無事、転倒は1回だけで済みました。(止まる瞬間滑っただけなので大事は有りませんでした)

道路の注意も

でも、こんな雨の中登るグループも

途中、写真担当も居ましたので伴走車付きだと思います

登ってる人も居ました

下ってると土砂崩れや道路横の水路の濁流、川になった道路にも遭遇しました

途中がけ崩れも

途中見かけた自動車事故、豪雨で視界が悪かったのだと思います

交通事故も目撃

あらら、手持ちのデジカメにも水が入ったみたい

カメラにも水が入った?

下りは豪雨の中を走り抜け、台中市街地に入るとようやく雨が上がりました。

市内に入ってbooking.comでホテル予約、無事台中駅近のホテルを確保できました

部屋に入ってニュースを見ていると昨日泊まった仁愛は1日で262m、4日間で847mmの雨が降ったようです

残念ながら豪雨で武嶺には登れませんでしたが何時か、再挑戦したいと思います。

明日はどうしよう?

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »