次回、BikeFrydayでの自転車旅行はネパールに行くことにしました。

ヒマラヤ山脈を見に行きたい

ワーラーナシーに行ってみたいと書いていましたが・・・

インドはワーラーナシー Varanasiに行ってみたい
人を焼くとはどんなものか? インド自転車旅行は今の時期無理と解ったのですが、インドのワーラーナシー Varanasiと言う所に行ってみたい...

この本を、もっと先まで読むとネパールについても書かれていました。そこで、引き込まれたキーワードは「ヒマラヤ山脈」

そうだ、ヒマラヤ山脈やエベレストは見てみたい。

ヒマラヤ山脈の行き方について調べていると「乗らずに帰れない!エベレストとヒマラヤはマウンテンフライト(遊覧飛行)で堪能しよう!(絶景写真付き)」と言うページがヒットしました。

カトマンズから飛行機でヒマラヤ山脈周辺を遊覧飛行できるそうです。エベレストなど名だたる山が見えるのはもちろん、コックピットも見せてもらえるとか??

山好き、飛行機好きなので両方楽しめます。これは行かないと・・・

エベレスト遊覧飛行は、3社の航空会社が行っているようで、こちらに説明がありました。

Nepal Mountain Flight – Everest Express

現地申し込みも出来るようです。どんな感じかはYoutubeで

自転車で中国のラサからネパールのカトマンズまで走ることも出来るようです。5000m級のヒマラヤ山脈の峠を越えるって爽快でしょうね

ただし、中国政府が発行する入境許可証が必要なようでガイドの同行や酸素ボンベの準備などもしたほうが良いとのこと・・・

簡単にいくのは無理なようですね。

検索していると風の旅行社が「ロードバイクでヒマラヤ越え 15日間」と言うのを販売していました。70万弱ですがツアーだと安心かもしれません。

ヒマラヤ越えは無理なので、ネパール国内の走行ルートを調べてみました。まず、カトマンズからヒマラヤが眺望できるポカラまでは約200km、高低差もそれほどなく途中ホテルもあるようです。

只、6月だと雨期に入るので道がドロドロかも?道も狭くて交通事故も多いそうな?

情報収集して拠点までの移動はバスなどを使い、都市周辺の日帰りポタと言う走り方でもいいかもしれません。

ヒマラヤ越えは無理ですが、中国国境までなら行くことは出来るようです。

カトマンズ市内には「パシュパティナート」と言って火葬場があり、亡くなった人はここで身体を焼かれ、灰を川に流すところが有るようです。

生死を感じる場所!実際に見て何を思うのか??

題して「ヒマラヤ山脈を見て生と死を感じるネパールBikeFrydaの旅2019」としてみます。

更に詳しく調べてみたいと思います。

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »