ピレネー山脈5つの峠を越える旅5日目

ツールマレーへ

この記事は9月18日ピレネー山脈を訪れた時のものです。

ツールマレー峠麓の町リュス=サン=ソヴァールで宿泊したホテルを出発します。

ホテル出発

リュス=サン=ソヴァールの町はフランスの田舎町と言った雰囲気です。

フランス田舎町

街を出るとスグに登り坂が始まります。ツールマレー峠まで17km、ここからの標高差で1300m、勾配はしばらく7%程度の様です。

ツールマレー峠への登り

名も解りませんが古い古城がいい雰囲気です。

名も無きお城

登り坂も本格的に、10%程度の急坂が続きます。

グングン上りますツールマレー峠

空が雲がスゴク綺麗・・・・雲で「XX」マークが出来ています。

空がキレイ、飛行機雲で✖マーク

そんな風景を楽しんでいるとロードバイクの軍団にドンドン抜かれて行きます。こんな時荷物を満載にしたミニベロだと遅いのを自転車の責任に出来るので安心です。

本当に抜かれる事は有っても抜くことは有りませんでした。マイペース

ツールマレー峠グングン抜かれます

急勾配の小さな町を通り抜けます。自転車多いですね。

急勾配の小さな町を通過

まだまだ、あと800upの11kmも有ります。

ツールマレー峠まで800up

無理せずに40分に1回程度の休憩を入れて登ります。

無理をせず40分程度で休憩

登り続けて行くと視界が開けてきました。正面の一番低いところ辺りがツールマレーの様です。

ツールマレー峠が見えてきた

振り向くとこんな感じでよく登って来ました。

ツールマレー峠登ってきた道

ここからはつづら折れの連続でグングン高度を上げます。走ってきた道が小さく見えます。

ツールマレー峠あと150mup

ツールマレー峠まで後1km、100upに迫ってきました。

ツールマレー峠まであと1km100up

ラストのヘアピンカーブにはカメラマンが待ち構えていました。

「どこから来たの?」「日本です」などを話し、渡されたのは名刺1枚

zoom-photo

日本の事例で考えて、どうせ上のレストラン辺りで写真を並べてるんだろうと思いきや見つからず、名刺を見るとダウンロード販売していました。

ツールマレー峠1枚13ユーロは高いと思ったけど、いい写真なので買ってしまいました。(帰国後)

日本でも出来るのか?いいビジネスアイディアだと思ったので後日詳しく書いてみたいと思います。

ツールマレー峠

この日の走行コースです

Reliveでも
よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. じゃむ より:

    2枚買ったんですね。

Translate »