スイス三角屋根の木造住宅をシャレ―スタイルと呼びます

スイスの木造建築を探索

グリンデルワルドで宿泊したHotel Sonnenberg(ホテル ゾンネンベルク)は三角屋根が可愛いシャレ―スタイルの建物でした

シャレ―スタイルのお家

調べてみると

スイスの家屋といえば、木造りの三角屋根の建物を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。それはシャレースタイルと呼ばれる家で、ユングフラウ地方やツェルマットなど、主にスイスの山岳地帯で目にします

参考:地方の”民家”がおもしろい!建築を楽しむスイス旅

英語のWikipediaでも説明が有りました。

スイスのシャレースタイルは、木製のバルコニーと彫刻された装飾品で飾られた広々とした屋根とファサードを特徴とする伝統的な建物のデザインを指します

参考:Swiss chalet style

宿泊したHotel Sonnenberg(ホテル ゾンネンベルク)の室内ですが、建物の設備などを調べてみる事にしました。

Hotel Sonnenberg (ホテル ゾンネンベルク)

まずは、ベランダへのテラス窓です。ワンレバーで外側に観音開きで開けることが出来ます。

ワンレバー観音開きの窓

ガラスはもちろん断熱ガラス、厚さ20mmほど有りそうでした。開閉の構造は金属で出来ていましたが、両側を白く塗装した木材でサンドイッチする作りで熱を遮断する構造になっていました。

窓ガラスは断熱

ベランダ部分の床材です。材質は木材系統だと思いますが良く解りませんでした。結構外側とかが傷んでいました。手すりの固定金具取れないかな?やや心配です。

ベランダの床材

屋根には雪止めが多数ありました。材質はよく解りませんでした。手前部分は黒いのが剥がれて傷んでいるようですね。

屋根材

ベランダの手すりです。スペード?クローバー?木材の切込みが可愛いですね。この部分から水が浸み込んで傷まないのかな??

水に強い木材なのかもしれません。

ベランダの手すり

樋管は材質が銅でした。これは強いけど加工が手間で高いでしょうね?

樋は銅製

シャレ―スタイルの構造部でしょうか?丸太小屋のように角材を組んで壁面が作られていました。

シャレ―スタイルの構造

屋根を支える部分です。キレイなカーブで切り込んでいました。

屋根を支える部分

室内に戻って、一部の壁面は木材貼り仕上げ

幅木部分にはカーペットを立ち上げていました。スーツケースの当たり防止には有効かもしれませんね。

木材の壁面

天井も木材貼、50mm程度の小さなダウンライト照明でした。丸い出っ張りは火災感知器ですね。

天井も木材

テレビは壁掛け設置、配線も埋め込んでるようなので手間が掛かってますね。

テレビは壁掛け設置

これはお風呂に有った暖房器具、この中を温水か温められたオイルが流れているのだと思います。洗濯物やバスタオルを干すとスグに乾くのが便利です。

浴室の煖房

トイレは普通、奥の壁の大きなボタンを押すと水を流すことが出来ます。タンクが無いですが、フラッシュバルブのような構造なのかな?

洋式トイレ

汚水管の行先は床ではなく壁面に・・・

壁の中を流しているのか?屋外に出しているのか?知りたい所です。

トイレの汚水は壁面排水

洗面所もごく普通なんですが、清潔感が有ります。

洗面所

照明のスイッチ、ネジを外してみたくなりましたが止めておきました。

こんな感じで宿泊したシャレ―スタイルのホテルの設備と構造について調べてみました。よく解らない点も有りましたが、どこかで応用できたらと思います。

壁スイッチ

Hotel Sonnenberg(ホテル ゾンネンベルク)の看板です。これぐらいならスグに真似できそうですね。

ホテル ゾンネンベルクの看板

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »