大型トートバックで輪行箱を作る。その2

BikeFridayの梱包テスト

昨日の続きです。一度プラダン内箱を取り出してBikeFridayの梱包テストを行います。ハンドルとサドルを取り外して箱に収めてみました。

高さはバッチリです。

BikeFridayの梱包テスト

上から見た写真です。ペダルやスタンドも付けたままで納まるようです。但しペダルは航空会社に寄って取り外さないとダメな場合もあるようです

BikeFriday梱包テスト真上から

位置確認の為、底板にマーキングします

BikeFridayの置き場所にマーキング

後ろ側の接地面もマークを入れておきます。

底板設置部分にマーキング

ギヤ部分と内箱との距離は5mm程度なので、ここは何か保護材を入れた方がよさそうです。

BikeFridayのチェーンホイール

印を入れたので一度BikeFridayを退かします。

マーキング後は自転車を一度のかせます

底板は720mm×320mmのアルミ複合板を使っていました。少し加工したいと思います。

つづく

底板にはアルミ複合版

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »