オリジナル輪行箱設計図のダウンロード

遅くなりましたが2度目の台湾自転車旅行帰国後に改良したロードバイク輪行箱の設計図をダウンロード出来るようにしました。(このページの最下部です)

以前抱えていた問題点は下記ページでチェックしていました。

自作輪行箱の問題点検証
自作輪行箱一番の問題点はフロントフォークのエンド保持の土台に使っていたプラダンがつぶれて不安定になっていた事でした。また、改良版試作します。

まず、後輪エンドの保持は金属製束を使って一本足になりました。以前よりシンプルにシッカリしたと思います。

リアエンド置台は金属製の束を利用

前輪エンドの保持はアルミ金具で作り直しました。プラダンを流用していた前回よりシッカリしました。

フロントエンドの保持はアルミ金具

その他は2017年2月28日のバージョンと同じで、3辺合計は203cmで仕上げました。

飛行機輪行箱

今回は詳細にまとめなおしました。

  • 材料編
  • 加工編
  • 組み立て編
  • 梱包編

全33ページです。

ロードバイク輪行箱設計図

閲覧希望、ダウンロードは下記より(閲覧には会員登録が必要です)問題点、改良点などコメント頂けると嬉しいです。

“オリジナル輪行箱2017年7月バージョン” をダウンロード 170728オリジナル自転車ボックス設計図.pdf – 1192 回のダウンロード – 2 MB

でも、まとめると更なる改良点、コストダウン案、部品削減案が浮かびました。次回飛行機輪行は梱包するロードバイクがTREKに変わり、ハンドルの梱包位置などが変わる予定です。次回スイス自転車旅行が終わりましたらまとめてみたいと思います。

よければ、ブログランキングのクリックをお願いします。 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »